「環境ブランド調査」首位は10年連続トヨタ

 今年10回目を迎えた日経BP社の「環境ブランド調査」の結果が発表され、トヨタが10年連続首位、2位にパナソニックが入ったことがわかった。

 この調査は、主要企業560社を対象に、各企業の環境に関する活動が一般の消費者にどう伝わっているかについて、インターネット上でアンケート調査をしたもの。調査期間は2009年3月23日~4月28日、消費者2万1742人から有効回答を得た。

 環境ブランド指数が最も高かったのはトヨタ自動車。トヨタの強みは燃費性能に優れるエコカーの代表格「プリウス」。認知度の高いハイブリッドカーのなかでも、象徴とも言えるプリウスへの注目度は相変わらず高い。その新型車の投入などについて頻繁にメディアで報じられたこともあり、消費者からの高い評価を得た。

 2位にはパナソニックが入り、前回の6位から大きく順位を上げた。同社は、昨年10月の社名変更とブランド統一に合わせて、大々的な広報宣伝活動を展開してきた。その際に、省エネ家電などの具体的な商品を使って環境への取り組みを強く訴求したことが、今回の躍進に大きく寄与したものと考えられる。

【環境ブランド指数ランキング】
順位、前年順位、企業名、環境ブランド指数
1位 (1) トヨタ自動車 100.3
2位 (6) パナソニック 91.3
3位 (2) サントリー 89.5
4位 (5) ホンダ 87.4
5位 (7) イオン 86.6
6位 (8) シャープ 85.9
7位 (4) 日産自動車 82.1
8位 (3) キリンビール 81.9
9位 (10) アサヒビール 81.0
10位 (9) サッポロビール 78.0
10位 (18) 新日本石油 78.0

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる