ゴールドマンが新パートナー70人を発表、上場後最少に

 米金融大手ゴールドマン・サックスグループは14日、新パートナーを発表した。今回は70人で、来年1月1日付けとなる。ブルームバーグによれば、上場して以来、最少人数だという。

 ゴールドマンのパートナーは世界の金融業界でも最も名誉な職位でもあり、一般的にはこれまでの業績、同社の社風を体現した人物が選ばれるといわれる。今回選ばれた中には、女性やアジア系の名前も多く見受けられる。

 同社は2010年に110人をパートナーに指名しているが、今回は業績や市場からの声なども考慮してか、かなり厳選しているようだ。

 年収レベルでは1億円以上をほぼ保証されていると、今年退社しNYタイムズに批判記事を寄稿したグレッグ・スミス氏が著書の中で明かしている。日本人では過去に松本大氏らがパートナーに選抜されている。

 新パートナーは次のとおり(敬称略)。
Vivek Bantwal
Pat Fels
John Mallory
Michael Ronen
Heather Bellini
Pete Finn
Joseph S. Mauro
Jami Rubin
Brian Bolster
David Fishman
Charles M. McGarraugh
Yann Samuelides
Jill Borst
Sheara Fredman
Xavier C. Menguy
Joshua S. Schiffrin
Michael Brandmeyer
Jacques Gabillon
Amol Naik
David Schwimmer
Jason H. Brauth
Francesco Garzarelli Jo
Natauri Gaurav Seth
Stuart Cash
Nick Giovanni
Una Neary
Michael Siegel
Alex Chi
Brad Gross
Gregory G. Olafson
Michael Smith (Singapore)
Kent Clark
Anthony Gutman
Lisa Opoku
Josh Struzziery III
Richard Cormack
Leland Hensch
Gerald Ouderkirk III
Damian Sutcliffe
Jack Daly
Russell W. Horwitz
Francesco Pascuzzi
Michael Swell
Anne Marie B. Darling
Roy Joseph
Anthony W. Pasquariello
Ryan Thall
David Dase
John Kim (Seoul)
Huw Pill
Bobby Vedral
Olaf Diaz-Pintado
Marie Louise
Kirk Dmitri
Potishko Simon Watson
Robert Drake-Brockman
Hugh Lawson
Sean Rice
Toby C. Watson
Alessandro Dusi
Scott Lebovitz
Francois J. Rigou
Yoshihiko Yano
Edward A. Emerson
Ericka Leslie
Scott M. Rofey
Antonio F. Esteves
Luca M. Lombardi
Jeroen Rombouts

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる