高級温泉旅館の2009年キーワードは「ジャパニーズ・スイート」

ラグジュアリーホテルに匹敵する「ジャパニーズ・スイート」


この写真はイメージです
 身体の芯から冷え込むこの季節。家族や恋人とあったかな温泉に浸かって、のんびり週末を過ごしたい人も多いだろう。そんな時におすすめなのが、東京からアクセスしやすく、しかも別荘のような感覚で使える高級温泉旅館だ。
 2009年、高級旅館の新キーワードは何かといえば、「ジャパニーズ・スイート」をあげる温泉ジャーナリストが多いという。和と洋を融合させたようだが、数年前から人気の「和モダン」とも違うらしい。果たしてその「ジャパニーズ・スイート」とは?

 今最も旬でリッチな人々に人気の宿といえば、静岡県湯ヶ島温泉にあるオーベルジュ「アルカナ イズ」や、2007年12月に熱海にできた「熱海ふふ」、昨年に老舗旅館を大胆にリニューアルした箱根芦之湯温泉の「鶴鳴館 松坂屋本店」などがある。


この写真はイメージです
 その中でも、カトープレジャーグループが運営する「熱海ふふ」は、ずばり「ジャパニーズ・スイート」のキーワードがぴったり当てはまる旅館だ。

 「熱海ふふ」は24室全てがスイート仕様で、ラグジュアリー、コンフォート、プレシャス、スタイリッシュと4タイプある。最高クラスの客室は約100平方メートルで、豪華な応接セットを配したリビング、シモンズのセミダブルベッドを並べたベッドルームなどそれぞれが独立した構造になっている。リビングには大画面液晶テレビやオーディオ、備え付けのエスプレッソマシンもあり、露天風呂があるテラスを見なければ、旅館というより都心の外資系高級ホテルのよう。

 「ジャパニーズ・スイート」とは、畳の部屋にベッドを採用した「和モダン」のはるか上を行く、ラグジュアリーホテル並みの設備とサービスが自慢の宿のことなのだ。実際に利用したゲストも、ゆっくり癒されに来たはずなのに、客室に一歩入ったら「ホテルのような快適さなので仕事がしたくなってしまった(笑)」なんて感想もあるほど。

 都市にいるのと変わらない快適さがありながらも、窓を開ければ竹林が眼前に広がり、テラスには極上の湯を湛えたプライベートな露天風呂が。庭には大きな天蓋付きソファがあり、ゆったり寝転んで読書もできる。そんな贅沢な空間が、ジャパニーズ・スイートの醍醐味だ。

1 2
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる