代表と黒幕に亀裂の「日本維新の会」

「郵政民営化」と旧たちあがれ

 前出マスコミ関係者は「橋下さんと松井さん(一郎府知事)で、他党との連携で考え方に溝ができていました。国会議員団にきつくあたっていたのも、松井さんのパイプで連れてきたから、と言われています」という。その後は、橋下氏が直接動き、自民、みんななどとの協議をしてきたのだ。

 「党のことは松井知事に任せている」と言っていた橋下氏が、気がつけば常に前に出るようになっていた。松井知事の影が以前よりも薄くなってきたのは、このためだろう。

 そこに来て、太陽の党との連携だ。言うまでもなく、たちあがれ日本が石原代表を担いだ政党。その中心メンバーである、平沼赳夫、片山虎之助の両氏は「郵政民営化」反対の急先鋒だった人物でもある。

 因縁の相手である竹中氏とは水と油であり、政策だけは譲れない上に、石原代表もつい「嫌い」との本音を出してしまったのだ。

 かつてのブレーンの一人だった飯田哲也氏も、「卒原発」を掲げる日本未来の党にいち早く参加するなど、ポツリポツリと離脱者も出ている。

 そうした空気を一掃できるのは、やはり橋下氏の立候補。維新関係者は「みんなが待望しているが、本人にその気がなさそう」という。大阪市長に後継者がいない中で、前市長の平松邦夫氏が捲土重来を期しており、本丸を明け渡すわけにはいかないからだろう。

 来年夏の参院選立候補の可能性もあるが、それまで保つかどうか?

1 2
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる