ヤマダ電機のベスト買収を条件付きで承認(公取)

 ヤマダ電機によるベスト電器の買収について、公正取引委員会は10日、条件付きで「一定の取引分野における競争を実質的に制限することとはならない」と承認した。

 ヤマダがベストから第三者割当増資を受けて株式の過半数を取得することで、12月中に買収が完了する。

 公取が指摘した点は、競合の事業者がいないとされる全国の地域のことで、その対象となる8店舗を他者に譲渡することで解決するという。


ヤマダ電機日本総本店

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる