任天堂と日経がDSソフト開発

 任天堂株と、日本経済新聞社は、携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」シリーズ専用ソフトを共同開発したソフト「日本経済新聞社監修 知らないままでは損をする『モノやお金のしくみ』DS」(3800円)を8月27日に発売する。

 同ソフトは、図や表を見ながら簡単な二択問題や数字問題に答えていくだけで、身近なお金の話から、金融危機や経済対策の話まで、経済に関する知力や感覚を身に付けることができ、若年層からお年寄りまで幅広い年齢層で楽しめる内容になっている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる