「経済効果100億円のモデル」益若つばささん、財産分与3000万円で離婚決着

 「100億円の経済効果」を生むとも言われた、モデルの益若つばささん(27)と、夫のモデル梅田直樹さん(30)の双方が離婚したことを明らかにした。妻つばささん側が、財産分与として夫に3000万円を支払うことで合意した上、養育費は受け取らないという内容で合意したという。

 プロデュースした品物が100億円売り上げたと言われるカリスマモデル、つばささんと夫は2007年に結婚し、2人の間には子供が1人いる。

 離婚内容は明らかにされていないものの、一部スポーツ紙によると、夫側が数億円の資産に対して財産分与を求めたが、3000万円にとどまったとしている。親権はつばささんが持ち、養育費も受け取らないそうだ。

 次々とヒットを飛ばす、つばささんの仕事の成果にどれほど関わって貢献したかという点が問題となるが、金額レベルからは判断すると、ほぼつばささんの言い分が通ったと推測される。

 夫はツイッターで「大人の事情なので察してください。 真実は全て墓場に持っていきます」と沈黙を保った。


益若つばささん

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる