グーグルがロバの「ひき逃げ」疑惑に反論

 米インターネット検索最大手のグーグルは16日、ボツワナで野生のロバをひき逃げしたのではないか、との疑いに対して、実際は砂浴びをしていただけであるということを、公式ブログ上で明らかにしている。

 これは、グーグルストリートビューの撮影用の車が野生のロバをひき殺したと、という意見も出ていたが、砂浴びが終わった後に、元気に走っていく姿の写真を掲載し弁解している。

 ブログによると、「本当はそこに寝ていただけで、車が通る際には飛び起きて走っていった」とコメントしている。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる