エニグモ創業者が退社し米国で0から起業目指す

 エニグモは21日、田中禎人・共同最高経営責任者が4月26日の定時株主総会で辞任することが決定したと発表した。理由は、海外での起業による新たな職務に専念するためだという。

 田中氏はエニグモ設立から9年、BUYMAで新たなC―TO―Cモデルを確立し、ファッションECサイトを育て上げ上場企業となった。

 「何よりも、エニグモという会社を一緒につくってきた最高の仲間と最高の10年を過ごすことできました」と振り返っているが、「それと同時に、前から決めていた自分のタイムリミットも 刻々と近づいていました」として、後進に道を譲るという。

 今後については、一からアメリカで起業するという。「『1回は運、2回成功して本物』という言葉があります」として、2度目の成功を目指す。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる