日本版ヒュー・ヘフナーを目指す米国人

 ヒュー・ヘフナー氏という名前を知っているだろうか? 米成人誌「プレイボーイ」の創始者である。グラマーなモデルのプレイメイトが登場し、男性の目を楽しませるイメージが強いが、かの雑誌の真の存在意義は「恋愛における男女のあり方」について革命を起こしたことだ……と語るのは、今回インタビューしたリチャード・ロバーツさんである。

日本でヘフナーを目指すアメリカ人


リチャード・ロバーツ氏
 リチャードさんは日本に住んで10年になる。12年前に初めて来日した際、日本の美しさを直感的に愛し、「離れられなくなりそうだ……」と感じた。そしてその後、アメリカで行っていたIT関係の仕事を日本でも行えるよう準備し、日本に移住してきた。

 さて、リチャードさんは昨年末、神戸元町通り商店街近くに、オーガニックレストランの「リカルド」をオープンさせた。このレストランのコンセプトは「オーガニックなカップルのためのレストラン」である。

 そして、この「オーガニックなカップル」というのが、リチャードさんが打ち出したい恋愛における新しい概念である。つまり、ヒュー・ヘフナーのように恋愛シーンで「オーガニックカップル」という革命を巻き起こすのが、狙いだ。

 だが本人は、「ヒュー・ヘフナーが革命家と呼ばれるのはやり遂げて結果を残したからであって、私の場合はまだスタートしたばかり。ヒュー・ヘフナーのような革命家を目指しているというような大きなことは言えません」といたって謙虚である。しかし、その情熱たるや日本人には理解しがたいところがある。

1 2 3 4
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる