日経平均は続落、分割発表のKDDI買われる

 29日の東京株式市場は続落し、日経平均株価は前日比73.30円安の1万751.01円で取引が始まった。東証株価指数(TOPIX)は、同3.36ポイント安の910.42で始まった。

 前日の米国株式市場は反落し、NYダウは14ドル安の13881.93ドル、ナスダックは4ポイント高の3154.30だった。12月の中古住宅販売数が対前月比減となったことが意識された格好だ。

 東京市場では寄り付きは続落した。外国為替市場で円が1ドル=90円台と落ち着いたこともあり、材料視するものもなく、停滞している印象を与えている。しかし、売りは限定的なものにとどまっている。

 個別では1:2の株式分割を発表し、業績予想を引き上げたKDDIが買われている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる