安愚楽牧場、1000万円の投資につき返金額2000円

 安愚楽牧場の被害対策弁護団は、東京地裁で行われた債権者集会を受けて、同牧場社長の三ヶ尻久美子氏の判明している資産約4500万円から追加分がなく、仮に投資額が1000万円とすれば、返金額は2000円になる見通しを、公式サイトで発表した。

 同牧場の管財人が調査した三ケ尻氏の資産残高は約4500万円。これは前回とは変わっておらず、今後も調査を行うとしたが、期待薄で終わりそうだ。

 財産は約5500万円で、資産売却の手数料などの支出が約1000万円となった。資産の内訳は、保険解約金が約2100万円、預金約580万円、現金約210万円、東電株500株、千代田化工建設株2500株、大阪ガス株1000株、山林(宇都宮、那須塩原など)約1300万円、腕時計約20万円となっているという。

 仮に現時点で管財人が、今の資産をすべて配当として認めれば、1000万円の投資につき、返ってくる金額は2000円程度になると見積もっている。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる