ベッカム選手「金満クラブ」パリSG移籍も契約金全額寄付

 仏プロサッカーリーグのパリSGは31日、デビッド・ベッカム選手の獲得を発表した。同時にベッカム選手は契約金すべてを寄付に回すことも発表した。ベッカム選手は、6月いっぱいまでの契約。

 パリSGは、潤沢な資金力を背景にしえ、ズラタン・イブラヒモビッチ、チアゴ・シウヴァの両選手らを獲得。また、来季に向けた監督選びでは、グアルディオラ、モーリーニョ氏らと交渉していると報じられている。

 カタール投資庁の「カタール・スポーツ・インベストメンツ」(QSI)が筆頭オーナーとなったことで、「イチ国家」がクラブを抱えることに賛否両論がある。

 子供のための慈善活動に充てられるが、ベッカム選手にとっても、ビッグタイトルを狙える可能性があるチームでプレーできるという点は魅力であり、寄付は金目当てではないというアピールにもなる。


デビッド・ベッカム選手

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる