パナソニックが6238億円の赤字(4~12月期)

 パナソニックが2月1日発表した平成25年第3四半期の連結業績(24年4月1日~12月31日)で、売上高は前年同期比8.8%減の5兆4396億円となったが、営業利益は同208.4%増の1219億円となった。ただ、純利益はマイナス6238億円だった。

 国内外ともにデジタル家電の需要が低迷する中で、厳しい経営を強いられてきた。売上高は減少、事業再編で営業利益を回復させたが、当面厳しい事業環境は続くことになりそうだ。

 また、通期の連結業績予想についても、最終赤字のままとした。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる