JALが増収減益、期末配当180円

 日本航空(JAL)が4日発表した25年3月期第3四半期連結決算(24年4月~12月)で、連結売上高は、前年同期比328億円(3.6%)増の9420億円、純利益は同53億円(3.7%)減の1406億円となった。

 先行きは依然として不透明ながらも、国際旅客で欧米・東南アジアへの旅行需要が好調であったことなど、売上に寄与した。

 これで、連結業績予想を、営業利益1650億円から1860億円に、純利益を1400億円から1630億円にそれぞれ修正している。

 平成25年3月期末配当を1株=180円とすることも決めた。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる