クロネコメール便を社員が焼却(群馬)

 ヤマト運輸は5日、群馬県の事業所で、クロネコメール便の未配達の事実があったと発表した。

 群馬県内の事業所で、社員が、約4150冊のクロネコメール便を自宅に滞留させ、そのうち約1500冊を焼却処分していたという。

 社内調査で発覚し、平成23年7月~同25年1月に法人顧客からの配達対象エリア(利根郡みなかみ町下津、沼田市上川田町、下川田町、屋形原町、岩本町)向けに発送されたクロネコメール便だった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる