東電が国会事故調に虚偽説明

 東京電力が、国会事故調査委員会に対して、福島第一原発事故の調査のために1号機建屋の実地調査を依頼したところ、真っ暗ために立ち入りができないとの虚偽の説明をしていたことが7日、朝日新聞の報道でわかった。

 建屋内には実際に光が差し込んでいたにも関わらず、暗いために案内もできないとの内容を伝えていた。調査は実際に行われることはなかった。

 国会事故調はすでに、報告書を提出し現在は解散。この事故を人災だと断定した上で、津波ではなく地震の段階で原子炉が破損していた可能性を指摘するなど、厳しい報告書を出していた。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる