学習院大が入試不合格者を再試験、雪の影響

 学習院大学は、経済学部入試で時間が遅れたことで受験者が動揺した可能性があるとして、
同学部の補欠合格者と不合格者を対象に、国語の再試験を行うと発表した。雪の影響で再試験を行うのは異例のこと。

 試験日は3月10日午後1時からで、出願期間は2月14日から20日まで(郵送の身、締め切り日消印有効)。

 再試験に出願できる受験者は、補欠者・不合格者のうち、国語の試験時間が90分を確保されなかった人。あるいは、受験上の不利益を被ったと認識された人。

 経済学部の入試が行われた2月6日は、大雪のためにJR山手線のダイヤが狂ったために、国語の試験で遅刻者が続出した。

 学習院は「入学試験として問題をはらむものとなった点はまことに遺憾であり、受験者には大きな不安を与えたことをお詫びします」としている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる