アインホーン氏が米アップル株を買い増し

 米著名ヘッジファンドマネージャーのデビッド・アインホーン氏が7日、アップルの株式を買い増したことを明らかにした。

 米WSJによると、運用会社グリーンライト・キャピタルが投資家向けの説明会で、アインホーン氏がアップル株の買い増しを公表したという。具体的な株数や価格、さらには時期などについては言及しなかったという。

 SEC(米証券取引委員会)に提出した12年第4四半期のファイルによると、約130万株を保有していた。

 アインホーン氏は、アップルが節税のために海外に置くフリーキャッシュを、国内の株主のために還元するように宣言し、NY連邦地裁に提訴するなどの活動も行った。

 アインホーン氏の近況としては、アベノミクスによる日本のマクロ投資で儲けたが、金先物相場の急落で損したと伝えられている。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる