東国原英夫知事を狙う“女性ストーカー”

 宮崎県の東国原英夫知事が、“ストーカー被害”に遭っているのだという。相手はしかも女性。人気者を付け回す女性とは?

 東国原知事のブログ「そのまんま日記」によれば、18日に福岡空港で、某全国紙の女性記者に「知事!これからも付きまとわさせて頂ます。宜しくお願いします」と、突然声を掛けられたという。知事はこの瞬間に「背筋がぞっとした」のだとか。当然、これまでのいきさつがある。

 ジョギングについてきたり、夜中に家の前で待ち伏せされたり、夜中、部屋をノックしてきたりしたという。秘書を通じて慎むように要請してきたそうだ。そして定例会見では、高飛車な態度で質問をし、怒らせたやり取りをTVでは何度も使われたという。

 そんな女性記者を「I女史のことである」と名指し。そして「結論から言うと、これ以上付きまとうのは止めて頂けないだろうか? 取材は、ぶら下がりや記者会見の場で十分対応させて頂いているし、講演会や会合、イベント等は、現場で取材されればいいことではないだろうか? 何も途中ずっと付け回す必要はないのではないだろうか?」と自制を求めた。

 その上で「ストーカー法は、セクハラ等と同様、確か、受ける側の不快感や精神的苦痛、恐怖感、危険等からの心身の保護を対象にしていると思う」と結んだ。東国原知事は今回の総選挙で国政転出を断念しただけに、少なくとも任期いっぱいは“ストーカー”との闘いは続くのか?

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる