7億円純金ランボルギーニ登場、世界最高額に

 ランボルギーニ・アヴェンタドールの純金モデルが、ドバイでオークションに出品され、初値でいきなり750万ドル(約7億4400万円)を付け、話題となっている。落札されれば自動車としては、ブガッティ・ヴェイロンを抜き世界最高額となる。


 この車は、従来によくある車体の表面に金を施したものではなく、25キログラム分の固形の金と、ソリッドゴールドを加工して、アヴェンタドールの形状に仕上げるのだという。金と貴金属の値段だけで264万ドルもの価値があるという。

 ドイツの工房が製作にあたるそうで、現物はまだ完成していない。代わりに、オークション会場には8分の1スケールの車体が展示されているのだという。

 この工房では2011年から計画していたそうで、CNBCの取材に「金とランボルギーニという二大ラグジュアリーアイテムを融合してみたかった」と語っている。

 ちなみに「アヴェンタドールLP 700-4 ロードスター」は日本国内の価格では4660万3200円。単純にこれに約7億円分の「付加価値」が載せられている、ということになる。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる