日経平均21年ぶりの9連騰

 東京株式市場は27日、日経平均株価は9営業日続伸し、終値は前営業日終値より144円11銭高の1万88円66銭で取引を終えた。6月15日以来1カ月半ぶりの1万円台回復で、しかも1988年2月の13連騰以来約21年5カ月ぶりの連騰となった。

 東証株価指数(TOPIX)は7.78ポイント高の928.26。出来高は20億7425万株、売買代金は1兆3862億円。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる