東大とバンダイナムコ、ゲームを共同研究

 東京大学大学院情報学環 馬場章研究室とバンダイナムコゲームスが、「ゲームと教育」をテーマとした共同研究プロジェクトを発足したことがわかった。ゲームの教育利用に関する研究や「リサーチ・インターン」に関する取り組みをスタートさせる。

 これは、既存ゲームソフトの教育・学習効果を学術的に分析・研究し、国内外でのさまざまな講演会や学会などで発表していくプロジェクト。共同研究の一環として品川区教育委員会と連携し、品川区の教員や保護者、子どもたち参加型のシンポジウムや発表会などの開催も予定している。

 プロジェクトの目的は、ゲームの教育利用に関する知見やゲームリテラシーに関する社会的認知の向上、ゲームが持つ可能性を次世代を担う子どもや大人に伝えていくこと。また日本国内では数少ない、学生自らが研究テーマを決めて調査・研究を行う「リサーチ・インターン」制度を導入。東京大学大学院で進めている学習と職業経験を通じた学習とを統合させることで、新たな”知”を生み出すことも狙いとしている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる