慶応高校、米10スクールズ留学に全額給付

 慶應義塾大は、付属4高の高校生を、米国の名門ボーディングスクール群であるTen Schoolsに派遣留学させる制度「慶應義塾一貫教育校派遣留学制度」を設けたと発表した。費用は全額給付される。

 慶応はこれまでにも、グローバル社会でリーダーを育成するために、各高校で独自に短期・長期の国際交流プログラムを実施していたが、慶応各高校の枠を超えて、テン・スクールズのうちの2校に1年間派遣するという。

 経済的負担に配慮し留学にかかる費用を奨学金として給付し、また、派遣終了後は原則として留年することなく慶応各校内で進級できるなど懸念されるアフターケアも行う。

 4校は、慶應高校(横浜市港北区)、慶應志木(埼玉県志木市)、慶應女子高校(東京都港区)、慶應湘南藤沢高等部(神奈川県藤沢市)。

 出願資格は、TOEFL IBTでスコア90点以上で、一貫校の高校1年生で慶応各4校の校長の推薦を得た生徒。留学期間は、高校2年の9月から3年の6月まで。

 2014年度は、2校に各1人ずつ派遣予定。

◆Deerfield Academy(ディアフィールドアカデミー)
 米最古のボーディングスクールの一つ。男女共学で、2013 年入学試験合格率は13%。全米ボーディングスクールで最も競争率の高い最難関校。世界16 カ国の留学生がいる。

◆The Taft School(タフトスクール)
 米第27代大統領ウィリアム・タフトの弟が創立。男女共学で、質の高い教育を実践する名門校。220 エーカーの広大な敷地を擁する。留学生率は15%と比較的高い。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる