【確定申告】ふなっしー「上方修正」で千葉県長者番付入りへ

 確定申告の時期を迎え、誰がいくら稼いだか、毎年のように世の中では関心事となる。今年の場合は、「年収1億円か」とも報じられた、千葉県船橋市の人気非公認キャラクターの「ふなっしー」の中の人。その昨年の年収が上方修正された模様だというのだ。実は、千葉県の長者番付で上位20位に入りそうなのだ。

ふなっしーの労務単価上昇


ふなっしー公式ツイッターより
 「ふなっしー」は、千葉県船橋市の非公認キャラクター。認可を求めたが公認をされなかったために、私的キャラクターとして自由に活動することができ、ブレークした。ちなみに、年収1億円以上と伝えられている。しかし、それがここに来て1本あたりの労務単価が上昇しているというのだ。あるキー局制作関係者が明かす。

 「年末の番組で、『あと、ふなっしーも入れとくか』という話になったんです。連絡先を他の制作のスタッフに聞くと、1本あたりのギャラはこちらは5、6万円程度で考えていたんですけど、10万円以下じゃ無理で、最低でも20万円は必要だろうと聞きました。さらに、スケジュールが埋まっているらしい、とも聞きましたので断念しました。もちろん、キャラトークであまり長い尺を引っ張るのは無理があるので、費用対効果で考えると、どうかという気もしましたけどね…」

 1本5、6万円はキー局の出演料としては最低ライン。ただ、それではもう無理なのだ。テレビのキャスティングは人気者に集中する傾向にあるため、需給バランスでギャラは変わってくる。ふなっしーは、国民的歌番組のNHK紅白歌合戦にも出演を果たしており、もはや「国民的スター」を安くこき使うことは許されないのだ

 そのため、全国各地でのイベント出演。さらには、TVCMでも、アサヒ飲料、ウィルコム、パナソニック、ドワンゴ、富士フィルムなど多数出演している。CM出演料は数百万円はかたいところだと見られる。また、イベントは1本あたり50~100万円、さらにCDデビュー、着ボイスでも1位を獲得した。

 ふなっしーはしかも、団体に所属していないために、直接個人に入り、身入りは大きい。前出のTVマンは「そろそろ短期決戦の回収時期に入っているのだと思います」ともいう。ギャラ高騰で、1億円を優に超えるとなれば、千葉県の長者番付で上位20位以内につけそうだ。

1 2
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる