わが子をジャニーズアイドルに育てる方法

オーディション会場は掃除の「おじさん」だけ

 東京都内のある会場。写真選考を通過した子供たちが集められた。オーディションがこれから行われようとしているにも関わらず、そんな雰囲気もなく、ただ、パイプ椅子が雑然と並んでいるだけだ。

 会場にいるのは子供たち以外には、片づけをする中年のおじさん1人だけ。子供たちは、ジャニー氏の到着を待った。

 携帯ゲームに興じる者、ふざけ合う者、足を前のイスに投げ出す者など各人各様に過ごした。そして定刻から30分が経過し、おじさんが子供たちにジュースを配り始めた。

 その時、一人の子供が「ねぁ、ジャニーさんはまだ来ないの? オーディションは何時に始まるの?」と、おじさんに質問した。

 すると、おじさんは「オーディションは終わった」と一言。さらに、驚き呆気に取られる子供たちに、止めをさした。

 「ジャニーは僕だ」。

 何と、この「おじさん」こそが、稀代のアーティストメーカー、ジャニー氏だったのである。これは、小菅氏がジャニー氏から実際に聞いた光景であり、おそらく、結果は全員が不合格だったのではないだろうか。

 では、なぜ、こんなオーディションをしなければならないのか。

 「カワイイというだけでは取らないんですよ。ウソをついたり、見栄をはったり、繕うのが一番嫌うんです。つまり、そういう子は生理的に受け付けないのでしょう。性格を見るためには、素の姿を見るのが一番だからです」

 つまり、性格的には、裏表がない素直な良い子で、しかも常識がなければならない、ということがよくわかるエピソードである。もちろん、常にこうした形式のオーディションばかりではないだろうし、現在では顔バレもしていることから、身分を偽ることも難しいかもしれない。普通に躍らせてオーディションらしく終わることもあるという。

 では、その前の段階にあたる書類選考はどうなっているのだろうか。

1 2 3 4
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる