不動産投資の買い場は終わり! でも品川~泉岳寺は有り

 不動産投資の買い場はもう終わった。でも、品川~泉岳寺は有り?

 野村不動産アーバンネットのサイト「ノムコム・プロ」の会員を対象とした「不動産投資に関する意識調査(第6回)」で、仕込み場はすでに終わったとの不動産投資家の意識が明らかになった。

 この調査は、5月16日~22日までに、ノムコム・プロの会員を対象に行い、有効回答588人(投資用物件の保有者:399人、非保有者:189人)を得た。

 投資用収益物件の買い時感については、「買い時だと思う」「間もなく買い時が来ると思う」を合わせると58.6%で約6割が買い時と回答したものの、「買い時だと思う」が1年前の前回調査に比べ15.7ポイント減少し42.3%に、「買い時はしばらく来ないと思う」が前回調査より15.5ポイント増加し41.3%という結果になった。

 そして、1年後の不動産価格の予測は「上がる」が51.5%と前回調査に比べ14.0ポイント減少した。

 また、投資を検討している地区については、やはりJR山手線の新駅計画が正式に発表され、品川~田町間が注目を集めている。そのため、投資をしたいエリアの1位に、品川・泉岳寺が浮上した。次いで、五輪、カジノなどの計画含みのウォーターフロント。また、マッカーサー道路、虎ノ門ヒルズなどで都市景観が一変する新橋・虎ノ門あたりまでが注目度も高い。

◆関東圏 
品川・泉岳寺     23.5%
晴海・勝ちどき・月島 23.1%
豊洲・東雲      21.9%
有明・お台場     14.3%
中野         11.7%
新橋・虎ノ門     11.1%
五反田・大崎     9.7%
日本橋        9.2%
武蔵小杉       9.0%
新宿         8.8%

◆関西圏
うめきた       9.2%
阿倍野        7.0%
三ノ宮        3.7%
上本町        2.7%
尼崎         2.2% 

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる