SBIが3億円の所得隠し

 金融サービス会社「SBIホールディングス」(本社・東京都港区)が、東京国税局の税務調査を受け、2008年3月期までの2年間で約3億円の所得隠しを指摘されていた、と一部報道で明らかになった。

 報道によると、取引先に支払った業務委託料などの一部について、趣旨が異なる支出と認定されたという。追徴税額(更正処分)は重加算税を含め、約1億円の模様。

 SBIホールディングスは「本日の一部報道について」と釈明。「これは見解の相違によるものであり、当該取引について当社は通常の適正な商取引であったと認識しております。今後、異議申立も含めて対応を検討してまいります。なお、2010年3月期連結業績に与える影響は軽微であります」とコメントを出した。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる