フェリペ皇太子一家がバカンス

 スペインのフェリペ皇太子(41)が一家揃って、マリョルカ島のパルマ・デ・マリョルカを訪れ、バカンスを過ごした。

 レティシア王妃(36)、レオノール王女(3つ)、ソフィア王女(2つ)とともに
訪問。王女は2人ともピンク色のおそろいのワンピースと白い靴を着用し、夫妻に手を引かれて街中の散策を楽しんだ。

 ここは、巨匠アントニ・ガウディの設計によって改修された王室礼拝堂もあり、ショパンとジョルジュ・サンドがともに生活を送った場所でもある。観光地としても人気が高い。


スペインの(右から)レオノール王女、ソフィア王女

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる