銀座ナンバー1「筆談ホステス」斉藤里恵さん独占取材(2)

銀座ナンバー1「筆談ホステス」斉藤里恵さん独占取材(1)はこちら

希望と苦痛の選択

 「筆談ホステス」こと斉藤里恵さん(25)が青森から上京し、銀座の門をたたいて早や2年。今や筆談だけで立派に会話も成り立ち成功している。しかし、最初に働いた名店「ル・ジャルダン」のママは「やはり耳の聞こえないコが水商売をやるのは難しいのではないかと思いました」と打ち明ける(『筆談ホステス』より抜粋)。

 2年でナンバー1に上り詰めた里恵さん。耳が聞こえなくても努力で十分やっていけることを、身をもって示した。しかし、耳が聞こえるに越したことはない。物心つかない1歳10カ月で髄膜炎にかかったのを機に聴覚を失った。それ以来、音のない世界を歩んできた里恵さんだが、19歳の時に一大決心をして手術を受けたことがあった。

 これは自動車の免許を取るためで、人工内耳を頭部に埋め込むものだという。手術は成功し、免許も無事取得した。しかし、今まで音を聞いたことがない里恵さんにとって、すべての音が一度に耳に入ってくる。希望が苦痛によって壊されていく。激しい頭痛やめまいに見舞われて、リハビリを断念。結局、音のない世界に戻ることを選んだ。

 その選択も「後悔はしていません」(以下セリフは全て筆談)というように、本人は明るい。

 か細い印象とは裏腹に、腕は筋肉質。実はゴルフが好きなのだという。友人やお客さんたちとラウンドもする。ゴルフ歴はもう5年。スコアは110だ。こうしたアクティブな里恵さんからは悲壮感はまったく感じさせることはない。だから、多くの人に応援され支えられるのだろう。


「筆談ホステス」斉藤里恵さん

1 2 3 4
CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる