レクサスのハイブリッドが早くも1万台受注

 トヨタ自動車は18日、レクサスのハイブリッド車「HS250h」が発売から1カ月で受注が1万台に到達したと発表した。

 販売計画の500台に対して、20倍もの受注となった。同社は「累計1万台の受注の中、輸入車や国産他メーカーなど他社車より乗り替えられるお客様がおよそ3割」としている。

 また、好調な理由として、優れた燃費・環境性能、空力性能、居住性を両立させたデザイン 、ドライビングに集中できるコックピット、395万円という魅力的な価格の4点を挙げている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる