VW登録台数 アウディ減、ポルシェ、ランボルギーニ増

 日本自動車輸入組合が発表した2015年の輸入車新規登録台数によると、排ガス規制逃れが発覚したフォルクスワーゲン(VW)のグループでは、富裕層に人気が高いポルシェは前年比124.2%となったが、主力のアウディは93.6%と対前年比割れとなった。VWグループ全体では81.2%。ベンツ、BMW、ロールスロイス、ベントレー、フェラーリ、ランボルギーニ、ブガッティなどは対前年比増となった。


 VWはグループ全体の新車販売台数が世界で前年割れの約993万台。思いのほか不祥事の代償が重たくのしかかっており、日本ではグループ内で特にアウディが2万9414台、前年比93.6%となった。やはり、競合として強く意識されているベンツやBMWに目が向くようだ。

 その一方で、ポルシェは6690台で同124.2%と好調だった。ランボルギーニも349台で、186.6%と根強い人気に後押しされグループ本体の不祥事の影響は受けていない。ブガッティも2.5倍に。ただ、一部の報道では、ランボルギーニブランドの売却案もありうるとされている。 

◆販売台数(2016年、2015年、対前年比)
・ベンツ    65159  60834  107.1%
・BMW    46229  45645  101.3%
・アウディ   29414  31413  93.6%
・ポルシェ   6690   5385  124.2%
・VW     54765  67438  81.2%

・マセラッティ  1449  1407  103.0%
・フェラーリ   720   561 128.3%
・ベントレー   370   317  116.7%
・ランボルギーニ 349   187  186.6%
・ロールスロイス 156   154  101.3%
・マクラーレン  90    88  102.3%
・ブガッティ   5     2  250.0%
※乗用車のみ

 また、2014年から1000万円を切る価格帯のギブリを発売して台数を伸ばしてきたマセラッティは、ギブリが秋から一時的に生産停止にしたことで減速したものの、前年比増をキープした。今後は世界で年間5万台を目標としているが、ギブリが中国での販売が不振となったことが響いた。一方で、同じフィアットクライスラーグループからスピンオフしたフェラーリは同128.3%だった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる