ANAプレミアムクラス「匠味」に洋食

 ANAのプレミアムクラスの機内食名店シリーズ「匠味」に、9月1日より二段のお重仕立ての和食に加え、新たに洋食が登場する。

 洋食の「匠味」は、ここ数年パリで浸透しつつあるネオ・ビストロ料理を楽しめる、東京・麻布十番の「レザンファン テリーブル」とコラボレートした、三段のお重仕立て。「レザンファン テリーブル」は、ミシュランガイド東京2008で一つ星を獲得した、宝石のようなテリーヌが自慢の「レザンファン ギャテ」の総料理長、原口広氏プロデュースのレストランだ。
 
 ネオ・ビストロ料理とは、高品質の素材を高い技術で調理し、高級レストランに引けを取らない料理のクオリティを持ちつつ、シンプル・気軽なサービスや雰囲気で提供する料理のこと。

 お重の一段目はこだわりのテリーヌで、じっくり時間をかけてマリネしたサーモンとポテトのテリーヌか、シャンピニオンのテリーヌのいずれか。二段目、三段目には、福井県産の伊達鶏とほうれん草を使用した濃厚な味わいのキッシュ、お米のサラダやニース風サラダ、フランスでは定番のリエットを使用したサンドイッチなど。様々なこだわりメニューの中から数種を組み合わせる。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる