エルメスバーキン最高額3260万円で取引

 仏高級ブランド、エルメスのバーキンが29万8000ドル(約3260万円)の値が付き、史上最高値を更新したことがわかった。エルメス・バーキンを専門に扱う業者プライブポーターが米WSJに語った。2014年に付けた最高額の22万2000ドルを大きく上回った。元々は2008年に16万ドルで買われたもので、それが約8年間で約90%の値上がりとなり、最高の投資対象としての地位を見せつけた形となった。

 WSJによると、29万8000ドルの最高値が付いたバーキンは、「ブレイズ」と呼ばれる赤を基調とした色合いで10.08カラットダイヤモンド、171グラムのカットダイヤモンド、18Kホワイトゴールドなどが金具部分に使用されているものだという。2008年にNYのエルメスの旗艦店で米国人富裕層が16万ドルで購入しており、それを約半年前に米国のセカンドリテイラーであるブライブ・ポーターが購入した。そして、最高値で購入した人物は米国の大富豪であるという。

 バーキンの強固なブランドは投資でこそ本領を発揮し、投資米高級バッグオークション会社「BAG HUNTER」の調査結果でも明らかになっているように、1984年に発売以来500%で、S&P500やゴールドを上回った。年率平均でも14%以上になるが、ことさら優れた投資対象であるのは、マイナスの年がなく、最低リターンの年でも2.1%だった。特に、リーマンショック後からは約2倍になっている。

 バーキンでもヒマラヤンなど特別なモデルは値が張るが、ベーシックモデルはかつては1万ドル以下だったが現在では1万ドル以上は当たり前になっている。ここ数年間で高値がついた主なものは次の通りとなる。

2011年 20万3150ドル ポロサスクロコダイル
2014年 22万2000ドル ヒマラヤンバーキン
2015年 172万香港ドル バーキン

 今後は特に新興市場での富裕層の増加に需要は左右される面は出てくるだろう。また、価格の基礎的要因としては、材料となる良質のワニ革の確保が、年々、困難になっているという事情もあり、上昇基調は変わらないだろう。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる