京都の最高級町家旅館、宿泊体験レポート!

 前回記事で「投資先としての町家」を紹介した。
 実際に町家に泊まるとどうなのか、ゆかしメディア編集部がリポート!

目次

玄関


「うなぎの寝床」と呼ばれる小さな入口が町家の特徴だが、今回宿泊した町家は、道路に面して横に広いつくりだ。
 玄関を開け、中に入る。玄関のつくりは古い建物のままだが、隅にハンガーラックが備え付けられている。
 鍵はオートロック、開錠はカードキー。セコムも入っている。

リビング


 部屋に入って感じるのは、木の香り。古い木材を使用している建物だが、修繕にあたり、ところどころ新しい木を使っている。
 桜、タモ、栗などの木を用途に分けて使用しているとのことで、それらの木がいい香りを放つ。

 スリッパはない。足下で感じるのが、木の温もりだ。ぜひとも靴下を脱いで、直接感じたい。
 中央に位置する和室からは、庭が見える。

坪庭


 町家の特徴の1つが、部屋の奥にある庭だ。きれいに整えられた庭が、季節を感じさせる。
 部屋にはテレビもラジオもない。BOSEのスピーカーがあるだけだ。そのスピーカーも切れば、聞こえるのは坪庭の「蹲(つくばい)」から流れる水の音だけ。
 建物は道路に面しているが、防音がしっかりしているため音は聞こえてこない。

風呂


 この旅館の売りの1つが、日本固有の希少な銘木である高野槇を使用した浴槽。湯桶と腰掛けも高野槇を使用してあり、非常にぜいたくな空間だ。
 設定さえすれば、自動で風呂が汲める。シャワーもついており、一般的な風呂と遜色ない使用が可能だ。湯船はかなり大きく、家族連れであれば何人かで楽々入れる。

 高野槇の風呂につかりながら、ライトアップされた坪庭を眺める。静かな空間で、なんともラグジュアリーなひと時だ。

 風呂に備え付けられているのは、京都ちどりやのスキン&ヘアケアセット。部屋の随所に、京都を感じさせるものたちが配置されている。

ベッド


 町家独特の急な階段を使って、2階に上がってみよう。ベッドが備えつけられている部屋が2つ。
 ベッドはあとから置かれたものだが、畳の部屋になじんでいる。洗面所に大きなシャワールームもあり、一般的な住居と遜色ない。
 ベッドに横たわると、町家の特徴である大きな梁が目に飛び込んでくる。

 町家は、昔の庶民の家というイメージよりも実際は大きな空間だ。内部にはきちんと手が施され、古ぼけた感じや昔の建物ならではの小さくて使いづらい部分がほとんどない。
 非日常を感じさせながらも、家にいるようなリラックスできる空間だ。


 町家は外国人には新鮮さを、日本人には新しさとどこか懐かしさを感じさせる建物だ。投資物件として所有するほかにも、宿として利用するにも楽しめる。

 京都を初めて訪れる人も、何度も訪れ新しい京都を味わいたい人も、くつろげて満足を得られる空間だ。

 運営元:CAMPTON株式会社

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる