資産運用EXPOがスタート

 資産運用EXPOがスタートした。
 木曜日という平日にもかかわらず、多くの来場者の姿が見られた。会場では属性に応じて「会社員・公務員」「経営者」「専業投資家」「法人投資部門」といった入館ラベルが渡される。
 目立ったのは「会社員・公務員」の姿。ブースを出展している会社の担当者と、席で話をしている姿が多々見られた。

 会場の大きな場所を占めていたのは不動産投資に関するブース。都心部だけでなく京都、東北というようにエリアを分けていたり、カンボジア、タイなど海外、特定の国の不動産に絞っていたりと、不動産投資も現在非常に細分化しており、分かれている数だけブースが存在した。


 出展している企業もそれぞれだ。営業マンが中心となって大きな声を張るところ、多数のコンパニオンが展示を彩るところ、奇抜な展示を用意しているところなど、会社ごとの特徴が現れる。

 現物資産のブースも存在感を示した。金投資を行う会社では、実際の金の延べ棒に触れることができたりと、投資家を引き付ける様々な工夫を凝らしていた。

 インターネットを活用した投資を行う会社のブースも多く並び、フィンテック時代、投資の形も時代とともに変化していることをうかがわせる。
 投資家たちはそれぞれのブースを回り、興味のある分野、会社に寄って熱心に話を聞いていた。


CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる