竹中平蔵氏がパソナ会長就任

 人材派遣大手のパソナグループは26日、元総務相の竹中平蔵・慶応大教授(58)が同日付で取締役会長に就任した、と発表した。代表権は持たず任期は1年。

 竹中氏は2007年から同社の特別顧問に就任しており、政府や経済学者として培った経験を活かして、経営などに関してアドバイスしていた。今後はより深く同社の経営戦略に関わっていくと見られる。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる