米バーナンキFRB議長が個人情報の窃盗被害に遭う

 米金融機関などから個人情報が盗まれ総額210億ドル以上の被害が発生している事件で、バーナンキFRB議長も被害に遭っていたことが、米ニューズウィーク誌(電子版)の報道で明らかになった。

 報道によると、バーナンキ議長の夫人が昨年8月、夫妻名義の小切手帳が入ったハンドバッグを街で奪われ、間もなく何者かが小切手を現金化し始めたのだという。

 バーナンキ氏は同誌の取材に「個人情報の窃盗は毎年数百万人もの米国人に影響を与える深刻な犯罪だ」と話した。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる