ヘッジファンドで失敗しないためには?投資して損失を出すパターン3選を紹介!

目次

ヘッジファンドで失敗|投資して損失を出すパターン3選を紹介

ヘッジファンドで資産運用をするには、最低でも1,000万円の資金が必要になってきます。大金を投じることになるので、失敗を防ぎたいと思うのは当然でしょう。ヘッジファンドで失敗しないためには、ヘッジファンドの失敗例を知っておくことが大切です。

この記事ではヘッジファンドに投資して損失を出すパターン3選を紹介します。失敗例を知っておき、それを反面教師にすることで、ヘッジファンドでの失敗を防ぐことにつながります。

ヘッジファンドについて詳しく知りたい方は「ヘッジファンドとは何かわかりやすく紹介!意味や仕組み、投資戦略を簡単に解説!」をご覧ください。

生活資金に手を出してしまう

生活資金に手を出してしまうと、ヘッジファンドで失敗する原因になってしまいます。ヘッジファンドに限らず、資産運用は余剰資金で行うのが原則です。生活資金で資産運用をするのが良くない理由は、現金が必要な時にすぐに現金を引き出せないからです。

ヘッジファンドには、ロックアップ期間と45日ルールが設けられています。ロックアップ期間はファンド設定から6~24か月間で、この期間は出資したお金を引き出すことができません。

また、ヘッジファンドには45日ルールがあり、現金を引き出す際には解約日の45日以上前に申し出ることが必要になります。このようにヘッジファンドは流動性が低く、生活に必要な現金が枯渇する恐れがあるので注意が必要です。

ヘッジファンドが損失を出してしまう

投資先のヘッジファンドが損失を出してしまうと、ヘッジファンドで失敗することになります。ヘッジファンドではプロのファンドマネージャーが運用を担当しますが、プロであっても運用に失敗することがあります。

ヘッジファンドの運用の失敗例として、LTCM(ロングタームキャピタルマネジメント)の破綻が挙げられます。LTCMは米国の大手ヘッジファンドで、ノーベル経済学賞受賞者のロバート・マートンという経済学の大御所も運用チームの一員でした。

LTCMは巨大なレバレッジをかけることで知られており、一時は驚異的な利益を出していました。

しかし、97年のアジア通貨危機と98年のロシア財政危機の影響で経営破綻してしまいました。リスク管理を疎かにしていたことが、LTCMの経営破綻の原因と言われています。

このように、ノーベル経済学賞を受賞したファンドマネージャーであっても運用に失敗することがあるので、ヘッジファンドで資産運用をすると絶対に儲かるとは限りません。

投資先が詐欺案件である

そもそも投資先が詐欺案件であった場合も、当然ながらヘッジファンドで失敗してしまいます。ヘッジファンドを自称する団体の中には、詐欺師が経営している団体も存在するので注意を要します。

投資詐欺の手口はいろいろありますが、ヘッジファンドや仮想通貨取引では「ポンジスキーム」と呼ばれる手法を用いた投資詐欺が多く見られます。ポンジスキームとは「ネズミ講」に似た手口の投資詐欺で、高配当を謳って投資家から出資金を集めます。

集めた出資金を投資に回さず配当金として投資家に分配するため自転車操業に陥り、出資金が集まらなくなった時点で確実に破綻します。このようなポンジスキームの手口による投資詐欺としては「バーナード・マドフ事件」が有名です。

バーナード・マドフ事件では、リーマン・ショック時にナスダックの会長だったバーナード・マドフという人物が投資家から出資金を騙し取り、数千人が被害に遭いました。このような投資詐欺に引っ掛からないように注意しましょう。

さらに、ヘッジファンドが抱えるリスクについて知っておきたい方は「ヘッジファンドのリスクや危険性は?破綻・倒産の可能性や対策のポイント」もぜひ参考にしてください。

ヘッジファンドで失敗しないための対策

ヘッジファンドで失敗しないための対策

それでは次に、ヘッジファンドで失敗しないための対策を見ていきましょう。ヘッジファンドで資産運用をする際は、以下の3点に注意することが大切です。事前対策を施すことで、ヘッジファンドの失敗を防ぐことに役立ちます。

余剰資金の範囲内で投資する

ヘッジファンドで失敗しないための対策として、余剰資金の範囲内で投資することが大切です。ヘッジファンドにはロックアップ期間と45日ルールがあり、現金化に時間がかかります。しかし、長期的に使う予定がない余剰資金であれば安心して投資に回せます。

余剰資金とは、手持ち資金から生活資金を差し引いた金額になります。生活資金は収入やライフスタイルによって異なりますが、月あたりの生活費の6か月分程度を確保しておくと良いでしょう。

なお、生活資金は銀行の普通預金や郵便局の通常貯金に預けておくと、現金が必要な時にはすぐに引き出すことが可能です。それ以外の余剰資金をヘッジファンドで運用すると、現金が必要時に困ることは少なくなるでしょう。

投資先のヘッジファンドの見極めをしっかりする

投資先のヘッジファンドの見極めをしっかりすることが、ヘッジファンドの失敗を防ぐことにつながります。信頼できるヘッジファンドに投資することが極めて大切であり、経営破綻による損失や投資詐欺の被害に遭うのを防げます。

「絶対儲かる」や「元本保証」などの甘い言葉で勧誘するヘッジファンドは要注意であり、このようなセールストークで勧誘された場合は購入しないことが賢明です。判断が難しい場合は、投資助言会社などの信頼できる専門家に相談すると良いでしょう。

投資目的に沿って運用方針を話し合う

ヘッジファンドでの失敗を防ぐには、投資目的に沿って事前に運用方針を決めておくことが大切です。運用方針やルールを事前に決めずに資産運用を始めるのは、まるで羅針盤なしで航海するような危険な行為になりかねません。

「老後資金にするために1,000万円の資金を10年後に1,500万円に増やす」というように、投資目的が明確だと、運用方針も自ずと判明します。その上で、リスクとリターンのバランスを考慮して、投資目的を達成できるようなポートフォリオを組むようにしましょう。

なお、ヘッジファンドをポートフォリオに組み込む際には、ヘッジファンドに精通している投資助言会社に相談すると良いでしょう。投資助言会社では、それぞれの投資家の運用目的に合致したヘッジファンドを紹介しています。

ヘッジファンドで失敗したくない方におすすめの相談先は?

ここまで見てきた通り、ヘッジファンドへの投資でも失敗してしまう例があります。例えば、生活資金を投資に回してしまったり投資目的を明確にしていないなど、投資初心者にありがちな失敗例が挙げられます。

また、半ば詐欺のようなヘッジファンドに投資をしてしまうことも資産を大きく減らしてしまう要因になるでしょう。「ヘッジファンドの投資には興味があるけれど、失敗はしたくない」という方はぜひヘッジファンドダイレクトにご相談ください。

ヘッジファンドダイレクトでは、これまで優秀な投資実績を残してきた優良ヘッジファンドを紹介しているので、あなたのヘッジファンドでの理想的な資産運用をサポートするでしょう。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる