退職金運用はヘッジファンドがおすすめ?人気の理由や投資における注意点は?

退職金運用でヘッジファンドに投資する場合の注意点
目次

退職金運用はヘッジファンドがおすすめ?

退職金は、ヘッジファンドなどの金融商品で運用するのがおすすめとされています退職金は運用をすることで増やせる可能性があり、退職金が増えると老後の生活が充実します。日本人は男女とも寿命が伸びているので、資産運用で老後資金を増やすことを考えることが必要です。

退職金は銀行に預ける人が多いですが、日本の2021年現在の定期預金の金利は、0.001%と空前の低金利になっています。もし、2,000万円の退職金を銀行に預けたとしても、1年間で200円しか利息はつきません。

このように、退職金を銀行に預けても増やすことはできませんが、ヘッジファンドだと年利10%などの高利回りを目指せます。

年利10%という利回りは、銀行預金の金利である0.001%の1万倍であり、2,000万円を運用すると1年間で200万円以上増やせる可能性があります。

もちろん、ヘッジファンドはメリットだけでなくデメリットや注意点もあるので、この記事ではヘッジファンドの人気の理由と注意点をわかりやすく解説します。

退職金運用でヘッジファンドが人気な理由

はじめに、退職金運用でヘッジファンドの人気が高い理由について見ていきましょう。ヘッジファンドの人気が高い理由として、以下のようなことが挙げられます。

運用のプロの力を借りられるから

退職金運用でヘッジファンドの人気が高い理由として、ヘッジファンドは運用のプロの力を借りられることが挙げられます。運用はプロに任せられるので、今まで本業一本で資産運用をしたことがなく、投資の知識がない人でも資産を増やせる可能性があります。

ヘッジファンドはファンドマネージャーと呼ばれる投資のプロが運用を担当し、ファンドマネージャーは投資家の利益を増やすことを最優先に考えます。このように、ヘッジファンドは優秀なファンドマネージャーの力を借りられることが大きな強みです。

10%などの高利回りを目指せるから

退職金運用でヘッジファンドの人気が高い理由は、10%などの高利回りを目指せるからです。ヘッジファンドの中には過去10年間の平均年率リターンが10%以上のファンドも存在し、実績のあるファンドを選ぶと10%以上の高利回りは決して不可能ではありません。

一般の個人投資家でも年間で10%の高利回りを達成することはありますが、10年間にわたって10%の高利回りを達成するのは容易ではありません。ヘッジファンドは長期間にわたって10%などの高利回りを目指せることが強みです。

下げ相場でも絶対収益で高利回りを目指せるから

ヘッジファンドは、たとえ下げ相場でも絶対収益で高利回りを目指せることが人気の理由です。絶対収益とはマーケットの状態に関係なく利益の獲得を追求することで、下げ相場であっても資金を増やせる可能性があります。

下げ相場でも利益を出せる理由は、ヘッジファンドは株式ロングショート戦略で、ロング(買い)とショート(空売り)を臨機応変に使い分けて運用するからです。このように、相場の状態に関係なく資産を増やせる可能性があることはヘッジファンドの強みでしょう。

自分で運用する時間を取られないから

ヘッジファンドで退職金運用をすると、自分で運用する時間を取られることはありません。投資家は特に何もしなくても、ファンドマネージャーが資産運用を代行してくれます。そのため、自分は旅行やゴルフなど老後の趣味に時間を使うことができます。

投資で利益を出すには専門知識と豊富な経験が不可欠ですが、ヘッジファンドだと専門知識や投資の経験がなくてもほとんど問題ありません。自分が勉強をしなくても、優秀なファンドマネージャーが資金を増やすために尽力してくれます。

まとまったお金を用意しやすいから

退職金運用でヘッジファンドの人気が高い理由として、退職後はまとまったお金を用意しやすいタイミングであることが挙げられます。

ヘッジファンドの最低預入金は1,000万円ですが、退職金の平均金額は1,788万円(※)なので、ヘッジファンドの最低預入金をクリアできる可能性が高いです。

ヘッジファンドは富裕層向けの金融商品のため、一般の個人投資家がヘッジファンドで資産運用をするのは困難です。しかし、退職金で1,000万円以上のまとまったお金を用意できると、ヘッジファンドで資産運用ができるようになります。

(※)大学卒(管理・事務・技術職)で定年退職の場合
厚生労働省「平成30年就労条件総合調査」より

退職金運用でヘッジファンドに投資する場合の注意点

退職金運用でヘッジファンドに投資する場合の注意点

退職金運用でヘッジファンドに投資する場合、いくつかの注意点があります。ヘッジファンドの注意点は以下の通りです。

元本割れリスクがある

ヘッジファンドは元本保証の金融商品ではなく、元本割れリスクが存在します。そのため、運用資金が100%確実に増えるわけではなく、逆に資金が減ってしまう場合もあります。

ヘッジファンドはプロのファンドマネージャーが運用を担当しますが、運用のプロでも人間なので失敗することはあります。ヘッジファンドに限らずほとんどの金融商品は元本割れリスクがあるので、資産運用をする際は元本割れリスクを許容することが必要です。

解約タイミングに制限がある

ヘッジファンドは解約タイミングに制限があり、すぐに解約できない場合があります。そのため、現金が必要になったときに解約してすぐに現金化ができないので、生活に支障をきたす可能性があります。これは流動性リスクと呼ばれるもので、金融商品の多くは流動性リスクが存在します。

ヘッジファンドで資産運用をする際は、当分使う予定のない運用資金で投資すべきであり、生活資金で投資をするのは厳禁です。退職金を受け取ったら、余剰資金と生活資金に分けて、余剰資金を投資に回すようにしましょう。

またヘッジファンドの投資対象が適切な価格での売却が不可能な時期には、一時的に解約を停止する措置を採用することがあります。

投資商品選びは慎重に行う

ヘッジファンドで退職金を運用する際は、投資商品選びを慎重に行うことが大切です。ヘッジファンドは、アメリカやヨーロッパを投資対象としているものが多数存在し、ファンドによって運用実績は異なります。

全てのヘッジファンドが優秀な運用成績を収めているわけではなく、運用成績が悪いファンドも存在します。また、詐欺まがいのヘッジファンドもあるので、信頼できる投資助言会社に相談するなどして、優良なヘッジファンドを選ぶようにしましょう。

退職金運用でヘッジファンドがおすすめな人の特徴

・できるだけ高利回りで運用したい
・老後は自分の趣味に時間を使いたい
・運用資金を1,000万円以上用意できる

できるだけ高利回りで運用したい人は、ヘッジファンドで退職金を運用するのに向いています。ヘッジファンドは年利10%以上の高利回りで運用できる可能性があり、高利回りの金融商品で資産運用をしたい人に最適です。

また、ヘッジファンドはファンドマネージャーに運用を任せられるので、老後は自分の趣味に時間を使いたい人にも向いています。

なお、ヘッジファンドの最低預入金は1,000万円なので、運用資金を1,000万円以上用意できる高利回りで資産運用ができるチャンスがあります。

ヘッジファンド以外の方法で退職金運用を考えている方は「退職金運用はヘッジファンドがおすすめ?人気の理由や投資における注意点は?」をぜひ参考にしてください。

退職金運用でヘッジファンドへの投資を検討している方は?

ここまで見てきた通り、退職金でまとまった金額を用意できる方はヘッジファンドでの投資が可能です。ヘッジファンドでは、プロのファンドマネージャーが個人投資家に代わり、年率10%以上の高利回りを目標にオーダーメイドで運用することが特徴です。

そのため「退職金でまとまったお金が手に入るけれど、今まで投資をしたことがないし何に投資をしたら良いかわからない」という方にぴったりの商品と言えるでしょう。

また、退職金運用でヘッジファンドへの投資を検討している方は、ぜひヘッジファンドダイレクトにご相談ください。

ヘッジファンドダイレクトでは、退職金などのまとまった金額を、お客様のニーズに合わせて運用してくれる海外の優良ヘッジファンドを紹介しているため、理想的な退職金運用をサポートします。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる