「ピエール・ガニェール」いつの間にか閉店

 「ミシュランガイド東京」で2つ星を獲得していた高級フレンチレストラン「ピエール・ガニェール・ア・東京」(東京・青山)が8月末で閉店していたことがわかった。

 同店は8月半ばから夏季休暇をとっており、9月3日から営業再開予定だったが、HP上で突然の閉店が発表された。今年に入ってから売り上げが減少し、経営が困難になったという。しかしガニェール氏は、同氏が関与する会社を運営主体とし、「ピエール・ガニェール」ブランドで都内の別の場所に再びレストランをオープンする構想があるとしている。

 「ピエール・ガニェール」は96年オープンの、パリの「オテル・ド・バルザック」内の店舗を本店とするフレンチレストラン。「ピエール・ガニェール・ア・東京」は2005年にオープンし、「ジョエル・ロブション」や「ロオジエ」などと並ぶ、東京でも指折りの高級フレンチレストランとして知られていた。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる