メルセデス・ベンツからSクラス初のハイブリッド車

 メルセデス・ベンツ日本は3日、最高級セダン「Sクラス」初のハイブリッドモデル、「Sクラス HYBRID ロング」を発売した。輸入車初のエコカー減税対象車となる。

 「Sクラス HYBRID ロング」は、ガソリンエンジンを搭載したラグジュアリーセダンとしては世界最高レベルの燃費効率と最小レベルのCO2排出量を実現したハイブリッドカー。ベースとなる3.5リッターV型6気筒ガソリンエンジンは、Sクラス HYBRID ロング専用に熱効率を改善する大幅な改良を施されており、燃費は「S 350」に比べ約30%向上している。希望小売価格は1405万円(消費税込み)。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる