フィリピン最大級カジノ、「リゾート・ワールド・マニラ」オープン

 フィリピン第4位の富豪、アンドリュー・タン氏とスタークルーズが7億ドルをかけて建設した「リゾート・ワールド・マニラ」が8月末にオープンした。

 「リゾート・ワールド・マニラ」は空軍基地の跡地に建設され、首都マニラの新空港ターミナルの真正面に位置している。フィリピン最大規模のカジノで、ギャンブルテーブルは約300台、スロットマシーンは約1000台あるという。高級ブランドショップやシアター、レストランなどが併設される。

 マッコーリーによると、2008年のマニラ市内のカジノ売上高は170億ペソだったが、同カジノの来年の売上高は210億ペソと予想されている。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる