旧三菱銀行頭取の伊夫伎一雄氏死去

 旧三菱銀行頭取の伊夫伎一雄(いぶき・かずお)氏が2日午前8時39分、肺炎のため都内の自宅で死去した。89歳。滋賀県出身。葬儀は近親者のみでとりこなわれた。喪主は妻寿子(ひさこ)さん。後日、三菱東京UFJ銀行主催のお別れの会を開く予定。

 伊夫伎さんは東京帝大卒、1943年に三菱銀行入行。1972年取締役、副頭取などを経て1986年から頭取に就任し、1990年に会長職。1996年4月の旧東京銀との合併の立役者としても知られる。

 頭取を退任した後も三菱グループ全体のまとめ役として活躍。1990年の三菱マテリアル、1994年の三菱化学などの合併に尽力した。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる