九州大学、IBM・グーグルのクラウドイニシアティブへ参加

 九州大学大学院システム情報科学研究院は、米IBMと米Googleが共同で、クラウド・コンピューティング環境を活用し、世界各国の大学に最新技術習得のための学習環境を提供する「IBM/Google Cloud Computing University Initiative」への参加承認を受けたことを9日、発表した。

 このイニシアティブには、米国ワシントン大学やカーネギーメロン大学、マサチューセッツ工科大学をはじめとする、世界でも著名な複数の大学の参加が既に認められている。九州大学は、日本の大学として初めてこのイニシアティブに参加することになった。

 九州大学大学院システム情報科学研究院は学内へのクラウド・コンピューティング環境適用をいち早く実践してきたが、この先進的な取り組みが評価され、厳しい審査を通過して、イニシアティブへの参加が認められたという。

 このイニシアティブに参加することで大学院システム情報科学研究院では、Google/IBMのマシンを組み合わせた数百台のコンピューターの大規模クラスターへのアクセスが可能となり、先進的な技術・プロジェクト検証時に容易にITリソースを入手できるようになる。具体的には、この環境を活用し、3次元地図やサテライト・ナビゲーション・システムに関する研究、Hadoopプログラミング環境を使った大規模分散処理用ソフトウェア開発、EDA(Electronic Design Automation)シミュレーションなどの最先端の研究を進めていくという。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる