ロシア大富豪プロホロフ氏がNBAチームを買収へ

 ロシア一の大富豪、ミハイル・プロホロフ氏(44)が率いる投資会社のオネクシム・グループは23日、米プロバスケットボールNBAのニュージャージー・ネッツを買収する契約に合意したと発表した。

 発表によると、プロホロフ氏は2億ドル(約180億円)を投資し、チームの80%を手に入れるのだという。新規参入者はNBAのチーム全体の4分の3の承認が必要となる。ただし、NBAコミッショナーをはじめ、ここ数年は国際戦略を常に考えてきたことから、承認される見込み。そうなればプロホロフ氏は北米出身者以外で初のNBAチームのオーナーになる。

 ロシアは、国内でバスケのリーグを持ち、自国リーグからNBAに万能選手のアンドレイ・キリレンコ選手を送りこんでいる。ロシアでの市場拡大という点でも利害が合致しそうだ。すでにNBAは中国に進出しており、それに続く大きな市場となりそう。

 プロホロフ氏は身長2メートル6、資産は最も多い時で1兆円を超えていた。スポーツ好きでバスケ、スキー、格闘技などを自身でもたしなんでいる。以前からNBA進出は念願で、ここ2、3年は買収の噂話が立ったり消えたりしていた。


ミハエル・プロホロフ氏とブッシュ前米大統領

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる