グレース・ケリーが愛したモナコ料理を再現

 スイスホテル南海大阪(大阪府大阪市)のフレンチレストラン「ラ・トゥール」で、10月1日より、モナコ公妃グレース・ケリーが好んだ料理を再現した「プリンセスメニュー」が提供される。エールフランスの大阪-パリ間就航40周年を記念したフランスフードフェアの一環。

 グレース・ケリーがテープカットをしてオープンしたのが、同ホテルのグループホテル、「フェアモントモンテカルロ」。フェアモントモンテカルロではグレース公妃が好んだ料理を忠実に再現してコースメニューにした「プリンセスメニュー」が提供されており、今回それと同じメニューが同ホテルでも提供される。価格は5775円。

 また同ホテルは10月1日より、大阪にいながらモナコの風を感じられる宿泊プラン「モナコ エクスペリエンス」をスタート。ホテル到着時に客室にフランス産のワインとチーズを用意、朝食にはクロックムッシュとカフェオレが客室にサービスされる。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる