東大OB選手がプロ野球で33年ぶりにヒット

 東大OBでプロ野球の横浜・松家卓弘投手が28日の広島戦で、3回表一死から打席に立ちプロ初安打を放った。東大出身選手では33年ぶり史上3人目のヒットになった。

 本職ではない打者として安打を放ち、投手としては2回裏の途中から登板。3イニングを投げて1失点と合格点の内容だった。手薄の横浜投手陣にあって、先につながる内容で、今後は今後は大事な場面での登板のチャンスもありうるか。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる