わずか1cm差が5700万円の差に

 中央競馬のG1スプリンターズステークスが4日中山競馬場で行われ、ローレルゲレイロが優勝し、春夏連続のスプリントG1制覇を成し遂げた。2着ビービーガルダンとはわずかに1センチ差だった。

 同時にゴールしたかに見えたレースは長い写真判定の末に、勝者はわずか1cm差でローレルゲレイロ。春夏スプリントG1連覇の名誉を得た。また1着賞金は9500万円、2着3800万円。わずか1cm差で結果的に5700万円の差となった。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる