大富豪リケッツ家が米大リーグのカブス買収へ

 米大富豪のリケッツ家がこのたび、米大リーグ、シカゴ・カブスを買収する交渉権を得たとの声明を発表した。CNNが伝えた。

 報道によると、カブスを現在保持するトリビューン社が数社と話し合いを持った結果、リケッツ家を交渉相手に選んだという。売却額は9億ドル(約800億円)との情報がある。

 リケッツ家はオンライン証券のTDアメリトレード・ホールディングスの創業者。

CTA
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる